· 

アクセラ テールランプ交換取付

平成29年式 マツダアクセラ(BM5AP)のテールランプ交換にて入庫です。

 

純正テールランプから、社外LEDテールランプ(ガーニッシュ含む)への交換、取付の作業ですが、

これが、思いのほか、かっこいいのです。

 

 

黒いボディのマツダアクセラ、なかなかかっこいい自動車です。

さて、どのような出来栄えになるのでしょうか、では作業内容のご案内です。

 

 

お客様にて、お持込頂いた製品は海外製品タイプのLEDテールランプ(4点、ガーニッシュ含む)一式。

 

 

あわせて、バレンティ社製の、ウインカー用ハイフラ防止外付け抵抗もご用意いただきました。

ご用意頂いた、テールランプASSYには、すでに付属で抵抗が装着されていたのですが、

壊れやすいものだとかで、予め、お客様が調べてご用意頂いたものです。

 

 

交換前の純正テールランプ。

 

 

さっそく、取付の開始です。

なにはなくとも、純正テールランプを取りはずしをしなくてはいけません。

そして、取り外したボディ側の様子。

 

 

これから装着する、社外のテールランプの裏側の様子。

右側の黄色い抵抗が、先に装着されているもの。

 

これを、左側のピンクの抵抗と交換です。

 

 

交換する抵抗には、おそらくバレンティン用のテールランプへの接続用のカプラーがついていたので、

カプラーごと、配線を組み付け直します。

 

 

車両側のテールランプの裏側(トランク内)。

純正のハーネスがあります。

ここも、多少手を加えることになります。

 

 

社外テールランプに交換した、外観の様子。

 

 

トランク内、ガーニッシュの交換の様子。

ガーニッシュ交換に伴い、配線もトランク裏側に新設していきます。

 

 

一通りの配線作業を終え、点灯試験の様子です。

どうですか、思いの他、かっこいいと思いませんか。

 

 

全体の作動試験の様子。

画像では、少し見づらいところもありますが、

なかなか、きまっていますね。

 

全体的に光量が多く、とても明るく、

特に外側のテールレンズ部分は、チューブ式の面発光タイプで、

なにやら、レクサスのような印象を受けます。

 

ウインカーも、内側のガーニッシュから点灯し始め、外側テール部へ

流れが引き継がれ、内側から外側へきれいにながれています。

これは、かなりおしゃれに見えますよ。

 

お客様にも、大変喜んでいただきました。

 

 

それでは、最後に納車準備です。

いつものように、美装作業を終え、

お花部長に完了の承諾を、っと、

 

おや、お花部長がいませんね、

いつもはミラ専務の前に陣取っていたはずなのですが。

 

実は、お花部長たちは、お盆休みに、自宅へ帰っていたのですが、

どうも、そっちのほうが居心地がいいらしく、

お盆休みが明けても、店に戻ってきてくれていないのです。

 

これは、困りましたね、

完了の承諾をもらう事ができません。

さて、どうしたものか、思案のしどころです。