· 

ウイングロード ドライブレコーダーとバックカメラ取付

平成22年式 日産ウイングロードに、ドライブレコーダーとバックカメラの取付にて入庫です。

当店にて、製品の用意と取付を承ったものです。

 

 

取付する自動車は、明るいシルバーのボディ色。

きれいな輝きのある自動車です。

 

 

取付するドライブレコーダーは、コムテック社製のZDR-022です。

 

 

小柄なボディに裏側には、モニターが装備されているものです。

 

ドライブレコーダーを選ぶとき、本当に迷いますね、

値段も輸入製品も含め、¥2000~¥30000台まであり、

機能や使い安さ、拡張性等、いろいろ検討しなければならないところですが、

今回はお任せ頂いたので、手頃な製品をチョイスです。

 

 

ドライブレコーダーの電源接続は、直接配線のため、

同社製のオプション製品である、

直接電源コードZR-01を使用します。

 

 

バックカメラも選ぶのに、迷いますね。

 

値段もピンキリで、さまざなな製品が出ていますが、

高ければいいものでもなく、安いからいいというものではありません。

 

こちらもお任せ頂いたものなので、値段を考えながら、

映像解析度や夜間の明るさ等を考慮し、選び出したものです。

 

輸入製品ですが、内部部品は国産メーカーの部品を使用しているものです。

 

 

もうひとつ、当店にて用意した製品は、バックカメラ変換接続カプラーです。

今回は、純正カーナビが装着されているので、必要な部品になります。

 

純正のカーナビに社外バックカメラ、または、

社外のカーナビに純正のバックカメラを

を装着する際、このような変換部品が必ず必要になるので、注意が必要です。

 

 

装着されている純正カーナビはMP309-Aです。

 

 

さっそく取付の開始です。

 

リアゲートをあけて、まずはバックカメラから取り付けようかなとおもいながら、

なにげに外を見てみると、かなり明るくなっています。

時間にして、16:30頃なのですが、

冬至を過ぎて、もう日が長くなったのだと、実感させられる瞬間です。

 

寒いながらに、日が少しづつ長くなるにつれて、うれしくなりますね。

 

 

うかれている場合ではありません。

モタモタしていると、すぐ日が暮れてしまいますので、

あわてての作業です。

 

リアゲートを開けて、ガーニッシュを取り外した様子。

バックカメラを固定するのに、必要な作業です。

 

 

バックドアゲート内の様子。

ガーニッシュの取り外しと配線の引き込みを行います。

 

バックカメラの取付は、ボリュームがあって結構大変な作業です。

 

 

バックカメラ配線を室内へ引き込む様子。

ドアゲートとボデイの間にある、ゴムじゃばらの中に、配線を通していき、

内装パネル内へ収めながら、車両前方へひいていきます。

 

 

ここでは、ドアゲート内でバック信号が取り出しできるので、一緒に作業していきます。

一通り、接続ができたら、配線をまとめていきます。

 

 

バックカメラの固定と、リアゲート内の配線にメドがついたので、

カーナビ側の作業に入ります。

 

カーナビを取り出しての、配線作業の様子。

同時進行にて、ドライブレコーダーの電源取り出しと本体の設置を行ないます。

 

 

バックカメラ装着の様子。

きわめてオーソドックスな取付の仕方ですね。

 

 

ドライブレコーダーの設置の様子。ワイパー可動範囲内、

ギリギリの部分を探して、本体を固定していきます。

 

 

バックカメラの作動の様子。

きれいに後方が表示されていますね。

周りが暗くなっても、映像ははっきりと表示していることも確認済み、

これなら、大丈夫です。

 

安心して作業の完了です。